3Dプリンタの造形中もモデリング可能なインタラクティブ・ファブリケーション


3D プリンタをデザイン創出に活用するインタラクティブ・ファブリケーション環境を提案する.提案手法は,3D プリンタの制御コードに割り込むことで未造形部分を造形中でも編集可能なため,造形と並行してモデリングを行うことができる.3D モデルに未確定の部分がある場合でも後から編集する前提で造形を開始できるため,試行錯誤のサイクルを高速化することにつながる.本手法は,これまで分離していた「モデリング」と「造形」を統合した新しいものづくり環境である.

We present an interactive fabrication system that allows users to edit a 3D model during the printing. Our technique allows users to edit non-printed areas of a 3D model during printing by intervening in the communications between the 3D printer and the host application controlling the printer. This system provides a new fabrication environment that integrates printing with 3D modeling; it not only speeds up the trial and error process, but also allows users to create 3D models during printing.

  • 高橋 治輝,宮下 芳明. 3Dプリンタの造形中もモデリング可能なインタラクティブ・ファブリケーション, 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集 (WISS 2015),pp.13-18, 2015.
  • Haruki Takahashi and Homei Miyashita. “An Interactive Fabrication System that Allows Users to Edit a 3D Model during 3D Printing”. International Conference on Digital Fabrication 2016 (ICDF 2016).