2次元のタッチ操作を可能とする3Dオブジェクト

video_thumbnail

スマートフォンやタブレット端末などの普及に伴い,導電性素材を配置した物理インタフェースを静電容量式タッチパネル上で使用するインタラクションが数多く提案されてきた.しかし,既存研究ではタッチパネル上で導電性素材が接触している箇所において「点」としてタッチ入力を発生させるか,スクロールのように「線」としてタッチ入力を発生させることしかできなかった.本研究では 3Dオブジェクト表面に配置した「導電性の点群」を介することでタッチ入力を発生させる.これにより,3Dオブジェクト上で行われた操作をそのままタッチパネル上に伝え,手書き文字入力やポインティングなど自由自在な 2次元のタッチ操作が行える. We propose a method to create a physical interface that allows touch input to be transferred from an external surface attached to a touch panel. Our technique prints a grid having multiple conductive points using an FDM-based 3D printer. When the user touches the conductive points, touch input is generated. This allows the user to control the touch input at arbitrary locations on an XY plane. By arranging the structure of the conductive wiring inside a physical object, a variety of interfaces can be realized.

Publications

  • Kunihiro Kato and Homei Miyashita. 3D Printed Physical Interfaces that can Extend Touch Devices. In Adjunct Proc. of UIST 2016, pp.47-49, (2016).