オブジェクト上でのタッチ操作を実現するタンジブルインタフェース

video_thumbnail

本研究では,オブジェクト上でのタッチ入力を可能とするタンジブルインタフェースを提案する. 提案手法では導電性と非導電性の 2 種類のフィラメントを使用し,3D プリンタによって縞模様状の導電部を持つオブジェクトを出力する. 既存研究 ExtensionSticker の手法により,オブジェクト上でのタップ,スクロール,スワイプ,回転操作など様々な入力を可能とする.

In this paper, we describe a tangible interface that can realize touch operations on a physical object. We printed physical objects that have conductive striped patterns using a multi-material 3D printer. The ExtensionSticker technique allows the user to operate capacitive touch-panel devices by tapping, scrolling, and swiping the physical object. By shaping the structure of conductive wiring inside a physical object, a variety of interfaces can be realized. We examined the conditions for using our proposed method on touch-panel devices.

  • 上野 新葉, 加藤 邦拓, 宮下 芳明. オブジェクト上でのタッチ操作を実現するタンジブルインタフェース. インタラクション2016論文集, pp.872-877, 2016. [プレミアム発表] (採択率 18.2%)
  • 上野 新葉, 加藤 邦拓, 宮下 芳明. 表面でのタッチ操作が可能なタンジブルインタフェースの3Dプリント手法. 情報処理学会研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2015-HCI-167 No.29, pp.1-7, 2016.
  • Saraha Ueno, Kunihiro Kato and Homei Miyashita. A Tangible Interface to Realize Touch Operations on the Face of a Physical Object. In Adjunct Proc. UIST'16, pp.81-83, 2016.