【お知らせ】秋山耀さんの手書きの図面で簡単にプリントできる3Dプリンタがテレビ放映されます(予定)

【お知らせ】秋山耀さんの手書きの図面で簡単にプリントできる3Dプリンタがテレビ放映されます(予定)

2017年3月29日(水) 午前5時50分~午前8時00分 日本テレビ 『ZIP!』「な~るほどマスカレッジ」(7:30頃~)のコーナーにて,秋山耀さんの手書きの図面で簡単にプリントできる3Dプリンタが紹介される予定です.

このシステムは,専用紙に二面図を書いてセットすると、ボタン操作1回で造形が可能な3Dプリンタです. 昨年末に行われたWISS2016にて発表を行いました.

video_thumbnail

概要:紙を用いたインタフェース(PUI: Paper User Interface)は,手軽さやわかりやすさの優位性から様々なシステムへの導入が試みられており,特に高齢者ユーザへの効果が期待されている.本稿では,3Dプリンタでの出力を前提として,PUIに則った3Dモデル入力を提案し,システムとして実装した.専用紙にマーカで実寸の二面図を描き,角丸仕上げを望むならチェックボックスをチェックする.この紙をセットしてボタンを押すだけで,スキャン→形状推測→モデル生成→3Dプリントまでが自動で完了する.本稿では小学生や80代の実験参加者でも有用性を確認するとともに,その制約について議論を行っている.

秋山耀, 宮下芳明. 3DプリンタのためのPaper User Interface. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集(WISS2016), pp.185-191, 2016.