上野新葉

◆ 研究テーマ

Digital Fabrication, 電気味覚

◆ 研究業績

国際学会発表

査読付き デモ発表

  1. Saraha Ueno, Kunihiro Kato and Homei Miyashita. A Tangible Interface to Realize Touch Operations on the Face of a Physical Object, In Adjunct Proc. UIST 2016, pp.81-83, 2016. 論文データベース

国内学会発表

査読なし デモ発表

  1. 上野 新葉, 加藤 邦拓, 宮下 芳明. オブジェクト上でのタッチ操作を実現するタンジブルインタフェース, インタラクション2016論文集, pp.872-877, 2016. [プレミアム発表] (採択率 18.2%) 論文データベース
  2. 上野 新葉, 宮下 芳明. 熱溶解積層方式 3D プリンタにおけるエクストルーダ内での相溶性を利用した硬軟制御手法, 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016), 2016. 論文データベース
  3. 上野 新葉, 青山一真, 中村裕美, 宮下芳明. 下顎部電気刺激を用いた咽頭での後味の増強・持続時間延長. 第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2018), 2018. 論文データベース

査読なし 登壇発表

  1. 上野 新葉, 加藤 邦拓, 宮下 芳明. 表面でのタッチ操作が可能なタンジブルインタフェースの3Dプリント手法, 情報処理学会研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2016-HCI-167 No.4, pp.1-7, 2016. 論文データベース

◆ 趣味

クラシックバレエ, NON STYLE

◆ リンク

http://saraha.me/

https://research.miyashita.com/authors/上野新葉