Master


修士1年

松尾 良馬

・松尾 良馬, 宮下 芳明. 足音遅延フィードバックが歩行におよぼす影響の分析. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集 (WISS 2016), (発表予定).

×
松尾 良馬

松尾 良馬

秋山 耀

趣味:プログラミング,電子工作
興味分野:タンジブルインタフェース,ファブ

研究業績:
査読付き学術論文
・ 秋山耀, 宮下芳明. プロジェクションマッピングによる電子工作体験支援. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.20, No.2, pp.83-86, 2015.

査読付き国際会議(デモ・ポスター・動画発表)
・ Yoh Akiyama and Homei Miyashita. Electronic kit with no current flow that uses projection mapping. CHI '14 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems(CHI2014), pp.155-156, 2014. (Acceptance rate:37%)

・ Yoh Akiyama and Homei Miyashita. Projectron Mapping: The Exercise and Extension of Augmented Workspaces for Learning Electronic Modeling through Projection Mapping. Proceedings of the adjunct publication
of the 27th annual ACM symposium on User interface software and technology(UIST2014), pp.57-58, 2014. Demonstration. (Acceptance rate:50%) (SUI2014で招待デモ発表)

・ Yoh Akiyama and Homei Miyashita. Fitter: A System for Easily Printing Objects that Fit Real Objects. Proceedings of the adjunct publication of the 29th annual ACM symposium on User interface software and technology(UIST2016), pp.129-131, 2016.

査読付き国内会議(登壇)
・ 秋山耀, 宮下芳明. 3DプリンタのためのPaper User Interface. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集(WISS2016), pp.185-191, 2016.

デモ・ポスター発表
・ 秋山耀, 宮下芳明. 部品へのプロジェクションマッピングによる通電しない電子工作. 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集(WISS2013), pp.141-142, 2013.[対話発表賞受賞]

・ 加藤邦拓, 秋山耀, 宮下芳明. タッチ入力の柔軟な再配置を可能としたインタフェースの作成支援. 第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集(WISS2014), pp.151-152, 2014.

・ 秋山耀, 宮下芳明. ドラッグで配線できる基板による電子工作支援. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集(WISS2015), pp.183-184, 2015.

個人ウェブサイト: http://gutugutu3030.xyz/

×
秋山 耀

秋山 耀


修士2年

若林 裕太

総ゼミ長

研究テーマ
3Dユーザインタフェース, VR

研究業績
国内学会発表
・査読なし デモ発表

  1. 若林 裕太, 宮下 芳明. 俯瞰視点と体験者視点の差異を考慮したVR空間誘導システム. 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016), 2016. (発表予定)
  2. 若林 裕太, 加藤 淳, 濱崎 雅弘, 後藤 真孝, 宮下 芳明. 拡縮操作による柔軟なレーティングインタフェースの提案. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2015), 2015.

趣味
映画, 読書

×
若林 裕太

若林 裕太

総ゼミ長